【モンドール洋菓子店】情熱レポート3 安久井理恵さん・諒平さ...

 

【モンドール洋菓子店】情熱レポート3 安久井理恵さん・諒平さん

2019年5月20日

●はじめましての方は自己紹介もどうぞ★

 

こんにちは。グルメファイターの倉石ももこです。

 

今日は、

 

モンドール洋菓子店の安久井理恵さん・諒平さん

 

をご紹介します。

 

 

■ケーキの写真が見たい方は、こちらのグルメレポートをクリック!■

情熱レポートを見たい方は、そのまま下記へスライドしてください↓↓↓

 

モンドール洋菓子店

なかよし安久井(あくい)さん親子。

 

●モンドール洋菓子店の歴史

1983年、モンドール洋菓子店が誕生しました。

今年で36年になりますね。

長い歴史を歩んできました。

実は、ディズニーランドの開園した年と同じ年に、モンドール洋菓子店が生まれました。

創業者はお父様。

お店の看板「ケーキのおじさん」の顔はお父様の顔だそうです。

とっても優しそうですね☆

モンドール洋菓子店

パティシエのお父様の顔の看板が目印です。

 

この頃、外壁の塗装のやり直しをしたそうです。

テントが剥げてしまった時にも、すぐに修復するそうです。

見えないところかもしれないけど、お客様に対する敬意ですよね。

やっぱり細かな所まで気が回るところは、パティシエならではの素晴らしい心遣いだと思います。

 

モンドール洋菓子店

焼き菓子は種類豊富です。

 

●モンドール洋菓子店は地域に根差したケーキ屋さん!

モンドール洋菓子店は、地域に根差したケーキ屋さんです。

外観の色を決める時も、周りのお店や雰囲気に合わせて決めたみたいです。

甘いお菓子のような外観は、パッと見てすぐにケーキ屋さんと分かります。

モンドール洋菓子店

まるでかわいいお菓子の家ですね♡

 

現在従業員はパートも含めて7名。

みなさん、とっても明るいです。

私が驚いたのは、奥でケーキを作っているパティシエの方々も「いらっしゃいませ~!」「ありがとうございました!」を言っていること。

明るい声で迎えられるだけで元気づけられる!

お店に入った時、色々な所から聞こえてくる感謝の声は、本当にすばらしいと思いました。

私が取材に行った際もそうでしたが「いつもありがとうございます」とお声をかけられてました。

お客様の顔を覚えていらっしゃるのですね。

買いにいらっしゃった方々も、とっても嬉しそうでした☆

やっぱり、ちょっとお声をかけて頂けるだけで嬉しいものですよね。

モンドールはみんなに元気を与えるお店です!

モンドール洋菓子店

幸運のかえるもあるよ(笑)

 

●安久井理恵さんの魅力ってこんなところ!

上記でもお伝えしましたが、モンドール洋菓子店を始めたのは、お父様。

当時からお父様は忙しく家にいない人。

忙しすぎて、全く遊んでくれなかったのが寂しかったそうです。

半ばお父様から相手をしてもらいたくて、お店に行くようになったのがきっかけです( ´∀` )

小さい頃は、怒られてお店で泣くこともあったそうですよ(かわいい♡)

安久井さんがお店に顔を出し始めたのは、中学生の頃。

高校の時のクリスマスなんかは大忙しだったようで、学校を休んでまで手伝っていたそうですよ!

安久井さんは、一度は一般企業に就職しますが、結婚を機にモンドールへ。

お父様の背中を見ながら「モンドール」を継ぐ決意をされたそうです。

モンドール洋菓子店

かわいいクッキーはモンドールの名物。

お父様は今年で72歳。

よって20代~70代まで在籍しております。

従業員は幅広い年齢層が居て、さまざまな意見を出し合い、試行錯誤しながら営んでおります。

意見を言い合いやすい雰囲気、いい商品が生まれる秘訣です!

モンドール洋菓子店

れもんケーキを撮るのを忘れてしまった・・・失態。

安久井さんは、とっても明るく気持ちのいい接客をしてくれます。

安久井さんに、元気を貰いに会いに来るお客様も多いんですよ!!

いつもニコニコな笑顔とは裏腹に、人生は波乱万丈・紆余曲折ありました。

色々聞いて、私もウルッと・・・

でも、色々な経験があったからこそ「人の気持ちが分かる、優しくなれる」・・・安久井さんを見て、そう感じました。

何があっても、いつも前向きに頑張っている安久井さんは、応援したくなる存在です。

きっと、たくさんの人から愛される人なのだと思います。

今日も、ニコニコ!!お客様をお出迎え。

お父様が安心してお店を任せる事が出来るように、今日も安久井さん奮闘中です☆

 

モンドール洋菓子店

手土産のお菓子にもいいですね。

 

●実は、息子の諒平さんもパティシエで奮闘中!

安久井諒平さん、22歳。

1年前からモンドール洋菓子店に勤めています。

新潟県のパティシエの学校で学んだそうです。

こちらに勤めてからも、松本市のパティシエの勉強会に参加したり、学ぶ姿勢がいいですね。

見るからに優しそうな息子さんです。

モンドール洋菓子店

安久井諒平さん。

モンドールのケーキについて伺うと、お酒をほとんど使っていないのが特徴だそうです。

小さなお子様や幅広い年齢層の方が、楽しんでもらいたいというのが理由です。

諒平さんは、中学生の頃、親の姿をみていてパティシエになりたいと思ったようです。

モンドールに戻ってきたのは、お母様を少しでも手伝って、楽をさせてあげようと思ったのではないでしょうか?

(本人は照れてて言わなかったですが、絶対そうです!お母様も嬉しいと思いますよ)

そんなシャイな彼ですが、職人としての腕もいいですよ。

焼き菓子も担当しているようです。

普段は新作ケーキを考えるのに没頭しています。

モンドール洋菓子店

まほう茶は諒平さんが考えた人気ケーキです!

ケーキの名前付けも柔軟な頭でアイディアをバンバン出していきます。

若い力ってすばらしい!

フランボワーズの隣にあるのが「まほう茶」!

まほう茶を詳しく書いたのはこちらをクリック。

この、まほう茶というケーキを開発したのも彼。

すごいおいしくて、私なんどもリピート中☆

ハマってます。

一流のパティシエになるのが、彼の夢!

頑張ってください。応援してます!

 

 

☆フォトギャラリー☆

モンドール洋菓子店

令和クッキーが毎日新聞に掲載されたようです!すごい!

モンドール洋菓子店

お花も売ってます。

モンドール洋菓子店

さわやかなゼリーも売っています。

モンドール洋菓子店

バースデーケーキもどうぞ!

モンドール洋菓子店

メッセージカードもあります。

モンドール洋菓子店

作っているところ!!

モンドール洋菓子店

地域密着のおいしいケーキ屋さん☆

 

 

お客様目線で楽しい空間を演出してくれます!!

一生懸命に考えて試行錯誤して作り出すケーキ。

パティシエの背景にも触れ、より美味しくケーキが頂けそうです。

※【新作】フランボワーズのケーキについてのブログも掲載中!

ぜひ行ってみてくださいね。

■ケーキブログが見たい方は、こちらのグルメレポートをクリック!■

今回インタビューさせて頂いたは、モンドール洋菓子店の店長、安久井理恵さん・諒平さんでした。

モンドールのみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

★飲食店へ取材依頼に関してのブログはこちら★

 

 

◆営業時間◆

年中無休

9:00~19:30まで

 

◆駐車場◆

駐車場敷地内、お店前3台。裏にも3台あるそうです。

 

◆目安予算◆

1,500円くらい(1つ400円くらいですね)

 

■他の飲食店の店長のレポートも見てみたい方はこちらへ■

店名モンドール洋菓子店
住所長野県長野市鶴賀七瀬南部358-3
電話番号026-228-3066