◆【長野市大家・空室対策】No.3◆空室になってしまい、困っ...

 

◆【長野市大家・空室対策】No.3◆空室になってしまい、困っている大家様が今すべきこと

2018年3月27日

入居率 悩み 空室対策

 

こんなにお部屋が空いちゃって、どうしたらいいのだろう?

悩んでいる大家様、たくさんいらっしゃいます。

今こそ、行動すべきです。

 

 

●賃料を多少落としてでも決めるべき!?

 

「もし、〇〇円下がれば決めたいのですが・・・」

こんな事を言ってくるお客様がいらっしゃったら、時期によっては、サクッと決めた方が無難かもしれません。

繁忙期1月~3月中旬は、一番人が動く時期です。

それ以降は、賃貸を探しているお客様は、ガクッと下がります。

3月が終わりを迎える、イコールお部屋探しの繁忙期も終わりを迎えます。

この時期が一番お客様の入れ替わりが多く、この時期を逃すと、お部屋は来年春まで空いてしまう可能性も出てきます。

1年間の空室はとても苦しいものです。

時期を見て、多少の値下げ交渉には応じた方が無難です。

決断が遅いと、他のライバル物件にお客様の目が向いてしまう可能性も高いのです。

人生において、決断力は重要です。

 

 

●空室期間と家賃収入に対して、考え方を変えてみる必要もある

 

空室期間と家賃収入を考える視点についてお話します。

例えば5万円の家賃で募集しているとします。

1ヶ月空けば、その5万円は入りません。

金額は下げたくないと言っている期間も、どんどん他社の物件に見劣りしてしまいます。

たとえ3か月後に5万円の賃料で決まったとしても、3か月間で15万円が受け取れなかったことになります。

それならサクッと決めた方がいいと思いませんか?

視点を変えてみると、いろいろなことが考えられると思います。

 

 

●空室による損害は、家賃だけではないのをご存知でしょうか?

 

退去後はルームクリーニングに入ります。

せっかくクリーニングをしていても、空室期間が長いと、下水の臭いが上がってきたり、虫の死骸が出てしまったり・・・

もう一度、大家様負担でクリーニングを入れなければならない場合も多いです。

また、空室期間が冬の場合、給湯器凍結防止のため、通電も大家名義でしなければなりません。

お部屋は空室にしておいた場合、なにも家賃が入らないだけではありません。

傷んでしまう事・不必要な費用が発生してしまい、実質大家様はマイナスになることも覚えておきましょう。

 

 

⇒次回は・・・

【長野市大家・空室対策】No.4◆

多くの不動産会社に任せた方がいい!そんな大家さんの特徴。

がテーマです。

 

家賃は多く入った方がもちろんいい!

しかし、むやみやたらに賃料を落とすのも危険!!

不動産会社に相場などを聞いて、アドバイスをもらうのが一番の保守です。

 

←ひとつ前は・・・

【長野市大家・空室対策】No.2◆

「今まで満室だったのに、ここ最近空室が増えて困っている大家さん」

がテーマです。

 

 

 

★私たちのことをもっと知っていただけると嬉しいです★

◆芹田不動産 お客様の声◆

◆営業スタッフ小山の誕生物語◆

◆営業スタッフ吉澤の誕生物語◆

◆営業スタッフ宮崎のストーリー◆

◆営業スタッフ倉石のストーリー◆

店名株式会社芹田不動産
住所長野市稲葉中千田2185-19
電話番号026-226-8881