水道管が凍結して、大量に水漏れしているときはどうしたらいいか...

 

水道管が凍結して、大量に水漏れしているときはどうしたらいいか?

2018年1月28日

こんにちは。芹田不動産の倉石です。

今日も寒かったですね。昨日よりはまだいいかもしれないです。

本日も、昨日に引き続き(◆昨日ブログリンク先はこちら◆

長野のような寒冷地にお住まいの方のために、お伝えしていきますヘ(゚∀゚*)ノ

 

●水道管が凍結して、大量に水漏れをしていたら、どうしたらいいか?

 

①元栓(バルブ)を閉めて、噴き出している水を止めます。

水道管が破裂しているのです。そして業者を待つ。

・・・でも業者が来れないときになることが多いです。

そう、”深夜”です。

水道管破裂は、気温が下がるに起こることが多いので、バルブだけ閉めて、翌日業者を呼んで頂くよう、お願いします。

 

水道凍結で水が出ない

 

まずは水漏れを止めないと、下記の階にも水漏れを発生させてしまいます。

迷惑をかけてしまうので、取り急ぎ行ってください。

でも、そもそも一体、どこを扱えばいいのか?

これが分からんのです・・・という人も多いのではないでしょうか?

後藤さんから教えてもらうまで、ド素人の私は分かりませんでした。

不動産会社に勤め始めたころは、給湯器とは何かも知りませんでした。すいません。。。

 

 

これが給湯器です。

知っとるわってツッコミが聞こえるけど一応ね。

外にある場合はこんな感じが多いです。

水漏れの場合はこちらの給湯器のすぐ下にあるバルブを閉めます。

 

パイプシャフト!

 

この言葉わかりますか?

これのことです。

私、昨日まで呼び方知らなかった。。。

またまたすみません・・・

 

 

開けてみよう!

 

 

給湯器が入っているのです。

 

 

給湯器は外にむき出しであるより、見た目はこっちの方がいいかも。

 

 

これが元栓(バルブ)です!

 

 

このバルブを閉めてください。

少しは皆様の役に立ちましたでしょうか?

すごく初歩的ですみません。

私の説明出来るレベルはこの程度です。

これから頑張って勉強していこうと思います。

 

それでは、また明日。

 

 

★私たちのことをもっと知っていただけると嬉しいです★

◆芹田不動産 お客様の声◆

◆営業スタッフ小山の誕生物語◆

◆営業スタッフ吉澤の誕生物語◆

◆営業スタッフ宮崎のストーリー◆

◆営業スタッフ倉石のストーリー◆

店名株式会社芹田不動産
住所長野市稲葉中千田2185-19
電話番号026-226-8881